SEMINAR

関経営の中核をなす《BIS》の基礎となった講座。

 

《BIS理論の特色》

・これまで幹部、管理者を指導してきた考え方、思いをもとに中堅・中小企業の

幹部、管理者に不可欠な原理原則を6つのテーマに体系化。

 

・個々人が抱える問題や課題を、講義、講師との対話、シートへの記入、グルー

プ討議などを通じて明らかにし、解決のための意識改革、行動革新をもたらす

きめ細かなプログラムとなっています。

《BIS理論の期待効果》

*社長への感情移入による真の分身としての使命と行動革新の方向性が明確にな

る。

 

*職場における実際の行動に結びつき、自己革新の端緒となる。

 

*上司、部下とのコミュニケーションが改善、強化され、良好な関係を築くこと

ができ、相互の信頼感が増す。

 

*将来の真の幹部としての可能性、適性が明確になり、人材育成の基盤ができ

る。

 

《BIS理論実施方法》

『初回』

1 事前状況把握

・社長、上司、部下より受講者各人への、期待事項、要望事項、などの記入提出

(記入した用紙は厳重に密閉し、直接関経営に届くようになっております)

・研修開始数日前に会社を訪問し、社長あるいは上司から事前聞き取りを行い

、幹部・管理者としての現況や改善事項を伺います。

 

2 本研修

・テーマに沿った講義を約2時間行います。

・講義内容に照らしシート記入

・グループ討議  :  個々人の様々な問題点や課題を明確にするため、少人数のグル

ープに分かれ相互に検討,アドバイスを行います。

 

3 宿題→関経営へ郵送

・BIS理論を受けての感想文

・次回までの決意事項

 

4 職場実践

・社長、上司への報告とアドバイス及び職場発表→関経営へ報告書郵送

・決意事項の実践

 

5 中間フォローアンケート

・社長、上司、部下から決意事項の実施状況や、変化の評価→密封し関経営へ郵送

 

6 関経営からの社長への報告(奇数回または偶数回)

・受講生の受講態度や気づいた点のアドバイス

・要望事項の聞き取り

 

7 前回からの振り返りシート記入→次回持参

『2回目~4回目』

・「前回からの振り返り」「中間フォローアンケート」による職場

実践の実施状況の確認とアドバイス

 

・ 以下初回と同じ

 

『決意表明書奉呈式』

・最終回に社長及び上司にご臨席いただき、「決意表明書奉呈式」を行い決意を

新たにします

 

『個人面談』

・ご希望により研修終了後個人面談を行います

・目的:研修生の個々の問題点、課題の明確化と解決のための指導アドバイスを

行い自己変革を促します

 

《BIS理論概要》

1 受講対象

・経営幹部及び管理者

2 受講方法

・原則8名1グループ

3 受講期間

・原則1日×4回

4 受講料

・8名で130万円

5 研修カリキュラム

(次の6テーマより4テーマを選択して頂きます)

   テーマ           内容
第1講
『伝導師づくり』

 

・社長への感情移入

 

・上司との良好な関係

作り

 

*関 廣義が「感情移入」ブームを

 巻き起こした伝説の講義

・社長に対する見方が変わり、社長

の立場考えられるようになる

・上司との良好な関係を築くことに

より上司への報告や相談が上司の

立場に立った的確なものになる

第2講
『信者づくり』

 

・部下の指導育成

*関 廣義が自身の永年の経験をも

 とに提唱する衝撃の部下育成法

・部下を育てることの重要性に気づ

き、部下の変革成長に結びつく

・部下から信頼され部下の指導・育

成の方法が明確になる

第3講
『5好心』

 

・人生成功者の共通要

*関 廣義が成功した経営者数百人

 からインタビューにより直接聞き

 取った人生成功の鉄則

①好想心:「企」の重要性を懇切丁

寧に解説

②好職心:自分の仕事の意義を深く

とらえ、天職思想を醸成する

③好働心:成功者の働き方とはどの

ようなものかを時流に流されず

える

④好学心:学ぶことは人間の本能で

あり学ぶことの本質は何かを教示

する

⑤好譲心:「運」が良い経営者に共

通していることとは?

第4講
「魂づくり」

 

・経営理念を理解し自

社を好きになる

・関 廣義が独特の解釈と実例で会

 社の経営理念の重要性を解き明か

 す

・経営理念に対する深い理解と共通

の考え方が浸透し、社員の行動に

変化が生じる

・自社へのロイヤリティーや自分の

仕事に対するプライドが高まり自

信をもって行動できる

第5講
『夢づくり』

 

・経営ビジョン

関 廣義が多くの経験から完成させ

た企業の道しるべ

・社運を賭けた大きな企て

である10年後のあるべき

自社の姿を明確にする

・10年後のビジョンを10年後の自分にラップ

させ、付けるべき能力や取るべき行動が明

確になり自己動機づけになる

第6講

 

 

『風づくり』

 

企業文化

・全員が共通の目的、目標を持ち、

全社一丸体制を構築するには

・社内の変革を推し進め、「感謝心」や「向

上心」をもった前向きな組織風土をつくる

方法

 

 

《受講者感想文》

 業種 印刷業    役職 編集部長

今回の研修を受講して、自分にとって、必要な内容が数多く含まれており、

研修で関先生から教えてもらった考え方や行動を習慣化し、自分の身に着けよう

と決意しました。

 

研修を受けるうちに、先生の話に引きずり込まれ、夢中で聞いている自分に気づ

き、驚きました。

 

最も印象深かったのは、「社長への感情移入」です。

このような話は今まで、聞いたことがありませんでした。

「社長へ感情移入」することによって会社の成長発展、更には自分自身の成長

繋がるということは、驚きでした。

 

私はこれまで「よい本さえ作れば問題ないだろう」と自分で社長に一線を引いて

接していましたが、受講後は自分から積極的に、社長とコミュニケーションをと

るようにしています。

 

社長も自分の気持ちを感じて自分から声をかけてくれる頻度が増え、仕事がスム

ーズに進むようになりました。

     業種:スーパーマーケット     役職:店長

・自ら積極的に、社長の視野で物事を見る。

・上司と良好な関係を築き、上司のレベルに近づき上司の代行者になる。

・自ら部下を動機づけし、指導し育成をする。

 

自分がそのような意識を持ち、行動することで、企業体質の強化を推進できるこ

とが納得できました。

 

また部下にやる気を持たせるために、自分が何をすべきか、部下に感情移入して

もらうためにどのような考えを持ち、どのような行動するかが理解できました。

 

今まで私は、部下の面倒は、組織全体で見るものであり、部下の技術向上などは

上司や他人のやり方を見て覚えるものだと勝手に思っておりました。

 

ですから最初の頃は先生が何を言っているのか訳が分かりませんでした。

 

しかし次第に、上司の立場に立ち、上司の視点で考えることができるようにな

り、部下の指導育成が上司の重要な使命であるということが心から納得すること

ができました。

今後は研修で学んだことを、続けて実行に移し、会社の成長に寄与することを決

意しました。

 

詳細

お問合せ、お申込はこちらから

お問合せフォームへ