BLOG

《モチベーションを高める》

上司の部下に対する最も大きな役割は部下を動機づけし部下のモチベーションを高

めることです。

 

 

そのために

①部下のやりたいことを把握する(欲求)

②部下のやるべきことを理解させる(役割・責任)

③部下がやれることを見極める(可能)

必要があります。

 

その上で、①②③の重なる部分つまり自分の欲求と照らして「やりたいこと」で

、自分の役割や責任と照らして「やるべきこと」、しかも能力的にも

「できること」を確認します。

 

その3つが重なる部分は「やりたいこと」」で「すべきこと」で「できること」で

すから、最もやる気が出る部分です。

 

そして

*その3つが重なる部分に部下の力を集中させ、

*3つの重なる部分を大きくする

 

ことによって部下の動機づけを可能にし、モチベーションを高めることができま

す。

 

例えば、個人事業主や起業家の場合、自分の「やりたいこと」が明確で「やるべき

こと」がわかっており、「やれること」も理解しています。

 

そのため3つが重なり合う部分は大きくなり意欲的になりやすいのです。

 

ところが会社が大きくなっていくと、重なり合う部分が小さくなってきてしまいま

す。

 

したがって部下の3つが重なる部分の最大化を図ることが、上司の重要な役割なの

です。

 

《3つの重なり合う部分が小さくなるケース》

 

 

1 本人が「やりたいこと」であり、職場や会社の方針としても「やるべきこと」

であるにもかかわらず本人の能力が不足しており「できない」のでモチベー

ションが高まらないケース。

 

2 本人が「やるべきこと」であり、能力的にも「できること」であるにもかかわ

らず「やりたくない」と思っているケース。

 

3 その仕事をこなす意思もあり「したいこと」で能力もあり「できること」です

が自分の役割外で「しても意味がない」でないケース。

 

これらのケースでは動機づけが困難で、モチベーションが高まりません。

 

部下の「やりたいこと」を把握し、「やるべきこと」を明確に理解させ、「やれる

こと」を見極めて、3つの重なり合う部分を大きくして動機づけをすることが上司

の大きな責任です。