BLOG

部下の心を感じ取り、個々人の個性に合わせた指導・育成をするためには

 

「部下の個性に合わせたリーダーシップ」

が必要です。

 

部下の個性に合わせたリーダーシップとは

H理論

に則ったリーダーシップです。

 

H理論とは、リーダーシップを五つのスタイル分け、部下の個性に応じて使い分け

ることです。

①独裁的リーダーシップ

*有無を言わさず上司のいうことを聞かせるスタイルです。

 

「つべこべ言わずに俺のいう通りにしろ」という指導法です。

 

このスタイルは一般的にはとんでもない暴君という感じがしますが、このスタイル

が必要な場合もあります。

 

例えば部下が新入社員や新たにその仕事に就いた場合など、部下が未熟な時には

このリーダーシップスタイルが有効です。

 

そのような場合に、自由に任せていると、何をどうやったらよいかわからず、効率

が上がりません。

②父権的リーダーシップ

*独裁的ほどではありませんが、父親のように、厳しく指導するリーダーシップで

す。

 

「私のいうことは間違いないから、私のいうことを聞くようにしなさい」と、褒め

たり叱ったりしながら指導するスタイルです。

 

③対話的リーダーシップ

*対話を重視し、部下の考えも聞きながらも自然な形で上司の考え方に誘導するス

タイルです。

 

部下も自分の考えを十分に聞いてもらっているため、あまり抵抗なく上司の考えに

沿った方向に導けます。

④民主的リーダーシップ

*部下たちが皆でよく話し合い、多くの人が賛成した方法を選ぶリーダーシップ。

話し合いがつかない場合のみ上司の選択した方法をとる。

 

⑤放任的リーダーシップ

*各人の自由なやり方に任せ上司は部下から相談があった場合のみ介入するリー

ダーシップ。

 

熟練度の高い部下には非常に有効な方法で自由を与える代わりに責任も重い。

 

上司は部下または部下達のレベルや、気質に応じて、これらのリーダーシップ

を使い分ける必要があります。