BLOG

前回は「感情移入すると重要な仕事を任される」という話をしました。

今回は「重要な仕事を任される」ということの重要性について話します。

 

*「能力は仕事を通じて伸びる」ことが最も確率が高く効率的です。

 

その理由として

*ほとんどの人が一日のうち仕事にかける時間が最も多い。

・1日24時間のから6時間の睡眠時間、5時間の生活時間(通

勤 食事、洗顔、トイレ、準備、休憩、趣味娯楽等)を引くと残

りは13時間です。

・残り13時間のうち仕事の時間は平均すると10時間位です。なんと4分の3以

上が仕事時間なのです。

 

ですからその圧倒的に多い仕事時間を使って能力を伸ばすことが最

も確率が高く、効率的なのです。

 

・仕事を通じて能力を伸ばすことを意識すると、仕事に対する意欲も高くなり、

仕事の成果が現れ、ますます能力を伸ばす努力をします。。

 

*私が以前勤めていたコンサルタント会社では毎年年末になる

と、来年の能力向上目的を申告します。

 

・私の前の席の人は「英会話のマスター」という目的を申告しました。

年が明けて課長がもってきた仕事はなんと「外資系の会社の仕事」でし

た。

 

「能力向上目的」に上げるくらいですからそもそも彼は英会話があまり得意ではあ

りませんでした。

 

しかし仕事ですからそんなことは言っていられません。最初の頃は簡単な打ち合わ

せで担当も日本人で日本語で話していたそうです。

 

そのうち、重要な事項になると外国人の幹部が相手となり、すべて英語です。

英会話ができないと仕事になりません。

 

彼は夢中で睡眠時間を割いて英語の勉強をしました。

その当時の彼は憔悴しまさに鬼気迫る状態でした。

最初のころは必ず相手の会社に出向き、身振り手振りで話していました。

 

しかし3ヵ月も経つと「電話で仕事の会話」ができるようになりました。

 

目の前で流ちょうに英語で話す彼を見て、うらやましく感じると同時に「仕事を通

じて能力を伸ばす」ことが最も確実で、効率的」だということを実感しました。

 

もし彼が「英会話学校」などに通っていたら、そのレベルに達するにはおそらく5

年以上の期間が必要だったし、そもそも途中で挫折していたでしょう。

 

前回と今回の話をまとめると

 

・感情移入できている人には重要な仕事がまわってくる。

 

・重要な仕事は難しい。

 

・難しい仕事に挑戦すると能力が伸びる

 

・能力が伸びるとますます困難な仕事がまわってくる

 

・ますます能力が伸びる

 

という「善の循環」になり「その人の舞台が大きく」なります。。

 

*つまり感情移入することにより「舞台が大きくなる」のです。