BLOG

《漆塗注口土器》

この土器は、北海道縦貫道自動車道建設に伴う八雲町野田生1遺跡の発掘

調査で発見されたものです。

 

・縄文時代の住居跡の床面に横倒しの状態でほぼ完全な形で出土しまし

た。

 

・ダルマ形を呈し、底部を除いた全面が水銀朱で赤彩されています。

 

・文様の特徴や土器の胎土から、東北地方からもたらされたものと考えら

れます。

 

・注ぎ口を持つ器が登場するのは縄文時代草創期といわれ、注ぎ口土器が

縄文社会に定着し大きな役割を果たすのは後期以降になってからです。

 

・後期中頃になると、注ぎ口土器は東北地方を中心に北海道から関東・北

陸地方にかけて広く分布しています。

 

・この土器は遺構に伴った資料として貴重であり、大型で造形的にも優れ

ています。

 

・また、赤彩土器とともに出土した鉢形土器は、北海道在地の土器で、縄

文時代後期中葉(約3500年前)に位置づけられます。

 

・赤彩土器の時期を特定する上で重要な土器です。

 

何とも複雑な形をしておりこれが縄文時代に造られたとは信じられない気

分でした。

《 遮光器土偶》

(遮光器土偶:青森県つがる市木造亀ヶ岡出土)

津軽と呼ばれたこの地域にはたくさんの縄文遺跡が存在します。

そんな縄文遺跡の中に、異質を放っていたのが遮光器土偶です。

 

縄文時代の土偶といえばまず思い浮かべるのが、教科書にも登場するこの

遮光器土偶です。

 

遮光器土偶の名は、その目の表現が、極北民族が雪の照り返しから目を守

るために用いる雪中遮光器(スノーゴーグル)に似ていることに由来しま

す。

 

頭には結った髪を表したと考えられる冠状の装飾がのせられ大きな目とは

対照的に、耳や鼻そして口が小さく表現されています。

 

両肩を張った太い胴部には、乳房や短い手足がついています。

 

全身を覆うように雲形文が配置され、装飾効果を高めています。

 

遮光器土偶は木造駅(五能線)の駅舎のモチーフとしても採用されていま

す。

 

 

 

 

 

 

関連リンク