BLOG

《櫛名田比売(くしなだひめ)》

高天の原から追放された、スサノヲは出雲の国の肥川(今の斐伊川)の畔にやって

きました。

 

水の流れを見ていると、箸の流れてくるのが目にとまりました。

そこでこの河の上流には人が住んでいるだろうと考え、河上のほうへさかのぼっ

ていきました。

 

歩いていくうちに、立派な邸のあるところに出ました。

その家では老夫婦がうら若い娘を間にはさんで泣いていました。

 

《老夫婦と美しい娘》

スサノヲが名前を尋ねると

「私は国神の大山津見神(おおやまつみのかみ)の子の足名推(あしなづち)妻の

名は手名推(てなづち)娘の名は櫛名田比売(くしなだひめ)と申します」

と答えました。

 

さらに泣いているわけを尋ねると

「私どもにはかつて娘が八人もおりました。高志(こし)から八俣の大蛇(やまた

のおろち)という怪物が、毎年やってきまして、娘を一人ずつ餌食にして、残った

のはこの娘一人だけになってしまいました。」

 

《八俣の大蛇(やまたのおろち)》

「今年もまた怪物が来る時期になり、最後のむすめも餌食になるのかと思うと悲し

くて泣いているのでございます」と答えました。

 

スサノヲがその怪物の姿を尋ねると

「「この大蛇は、目は真っ赤な酸漿(ほおずき)のようで、一つの身体に、頭が八

つ、尾が八つもございます。

その胴体には苔が蒸しており、さらに檜や杉なども生えておりま

す。

 

その長さは八つの谷、八つの山峡(やまあい)を這いわたるほど

で、その腹は、不断に血が流れ出して爛れております」と答えまし

た。

 

そこでスサノヲは「これがお前の娘なら、どうだろう私の妻にくれ

ないだろうか?」言いました。

 

老人はスサノヲの堂々たる態度にこれは世の常の人ではないと思っ

ていたが

 

「恐れ多いことでございますが、まだお名前を存じ上げませんの

で」と言いました。

 

そこでスサノヲは「私はアマテラス弟で、今、天上の国から、この地へと降ってき

たところだ」と答えました。

 

これを聞いて驚いた老夫婦は

「これは何とも恐れ多いことでございます。そういうお方ならば、娘を差あげるこ

とに否やはありません。」

 

と答え、約束が結ばれました