TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

城址に佇む 豊島園と練馬城

《豊島園》

尾崎遺跡のある春日小学校からしばらく歩いていくと、豊島園の裏手に突き当たり

ました。

豊島園はかなり広大で、裏手からかなり長い距離を歩き、やっと正面にたどり着き

ます。

(今円の近くを流れる石神井川)

 

《練馬城と豊嶋氏)

ここ豊島園は、前回とりあげた、石神井城の支城として豊嶋氏によって築かれた

練馬城の跡地に造られました。

練馬区にあるにもかかわらず「豊島園」と名付けられたのは、練馬城城主の豊嶋氏

の名にちなんだからです。

 

 

前回も少し触れましたが、豊嶋氏は1476年に勃発した長尾景春の乱で、長尾景春に

同調し、山内・扇谷両上杉氏とたたかいました。

 

この乱において、上杉方の江戸城と河越城の間に位置する練馬城は、近隣の石神井

城ともに、両城の連絡を遮断する役割を果たしました。

(豊島園)

扇谷上杉氏の家宰太田道灌は江戸城を出発し、練馬城に矢を打ち込むとともに周辺

に火を放ちました。

 

これに怒った練馬城主の豊島泰明は石神井城にいる兄泰経に連絡を取り、全軍で出

撃しました。

 

帰途途上だった太田道灌も急遽引き返して迎い撃ち、両軍は江古田原で合戦となり

ました。

 

合戦の結果、豊島方は泰明ほか一族百五十名が討ち死にし、生き残った泰経と他の

兵は石神井城に敗走しました。

 

この戦いについては「道灌があらかじめ江古田原付近に伏兵を潜ませた上で、少数

で挑発行為を行い、豊島方を平場におびき出した」と言われております。

 

練馬城は、城主の討ち死にや、従兵の石神井城への敗走により、無人とな

り、そのまま廃城になったと考えられます。

(練馬城址の大空堀跡)

訪れた日は土曜日ということもあり、家族連れでにぎわっており、550年も前にこ

の地にあったお城から多くの武将が出撃し、壮絶な戦いがあり、お城だけが残った

などとは露ほども感じられません。

(豊島園の正面入り口付近)

 

 

 

 

 

 

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

板橋宿(3)板橋宿と近藤勇

(寿徳寺境外墓地にある近藤勇の墓)

板橋駅東口を出るとすぐ目の前に大きな旗がひらめいている小公園

風の一角見えます。それが近藤勇の墓所です。

 

近藤勇の足跡を辿ってみると

・幕府の浪士隊募集に集まった近藤勇 土方歳三 沖田総司らの試

衛館グループが将軍上洛の前衛として出発したのが、板橋宿でし

た。

 

・京都で新撰組を結成し、尊王攘夷派の取締りを行い、「池田谷事

件」などでその名を上げました。

 

・彼らはそのほとんどが農民や町人出身者にもかかわらず代々の旗

本よりも将軍家に対し忠誠が厚かったと言われております。

 

・また武士ではありませんでしたが、非常に規律が厳しく「武士よ

りも武士らしく」という意識が強かった。

 

・そのため殺した敵は26名に対し内部規律違反で粛清した隊士は

40名にも上りました。

 

・その後薩長との鳥羽伏見の戦い、勝沼の戦闘に敗れ、近藤 勇は

下総流山の陣から官軍板橋本営に出頭する途中捕らえられまし

た。

 

・その当時の官軍板橋本営の隊長は土佐藩出身で、先輩の坂本 竜

馬を暗殺したのは新撰組だと信じていましたので、近藤の斬首を

直ちに決定し実行されました。(享年35歳)

 

・斬首された近藤 勇の首は京都に送られ三条河原でさらし首にさ

れました。

 

・そして胴体のみが寿徳寺境外墓地に埋められたといいます。

(永倉新八が建立した近藤と土方の墓)

 

・本年(2018年)は近藤勇の151回忌で、本日4月25は命

日にあたります。

 

・本年4月22日には近藤 勇百五十一回忌の供養おこなわれる予

定です。

(近藤 勇の石像)

私は小さいころから「鞍馬天狗」や桂小五郎などの出てくる映画を

よく見ており「新撰組」は悪の人斬り集団でしたが、近藤勇は何と

なく「話せばわかる」というような存在でした。

 

 

・今回その近藤 勇の縁の地を訪ね感慨がひとしおでした。

 

 

 

 

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

いざという時のために

新聞やテレビなどで、殺人事件や幼児虐待が報道されるとき、その事件の周辺の人がインタビューで「叫び声を聞いた」「子供のあちこちに、アザがあった」と答えていることが多々あります。

これらの発言に対し、違和感を覚えることはないでしょうか?

「悲鳴を聞いたのなら、アザがあったのなら、なぜもっと早く通報しなかったのか」と。
社会評論家はそれを「都会の無関心」とか「人間的絆の喪失」という表現で嘆きます。
もちろんそれも原因のひとつかもしれませんが、もっと大きな原因は

①事件という認識がない、あるいは派手な夫婦喧嘩かもしれない
②もし緊急事態なら他の誰かがすでに通報しているだろう、自分の出番ではないと考えてしまう

このような現象を集合的無知と呼びます。
もし大勢いる中で重大な発作でも起こった場合には、早急に、まだ話せるうちに、気を失う前に、緊急事態だということを知らせなければなりません。

「助けて」と大きな声で訴える、そうしないと酔っ払いと間違われてしまうかもしれません。

次に群集から一人の人間を分離することです。
特定の人を指さして「そこのブルーのジャケットを着ている方、救急車を呼んでください」と頼んでから気を失わないと集合的無知の犠牲になる可能性があります。

サッカー選手でさえ、試合中に心筋梗塞で倒れることがあるのです。

人生いつ何が起こるか判りません。
転ばぬ先の杖です。