BLOG

最強の読み方の4回目はネットについて書いています。

 

*ネット情報は「速報性」に優れ、誰でも情報発信できるメッリトがあるが

注意すべき点も多々ある。

 

ネットの3原則

1-ネットの情報は玉石混淆でそこから「玉」だけを選ぶのはかなりの技術とスキ

ルが必要。

 

*ネット情報は新聞や雑誌が持つ「編集」と「校閲」の機能が欠如している。

・自己中心的な意見や強い偏見を含んだ論説もそのまま載ってしまう。

 

2-ネットは非常に効率が悪い。

 

*ネットはかかる時間に対して得られる情報が少ない。

・記事が並列的に並んでいることが多く、自分で記事の重要度を判断しなければ

ならない。

・新聞やマスメディアの情報はほとんどが一次情報だが、ネット情報はほとんどが

二次三次情報。

 

3-ネットには「プリズム効果」がある。

 

*ネットには特定のものだけが大きく見えたり、別のもの見えなくなったりする

「プリズム効果」がある。

・自分の関心があることについてはどんどん詳しくなる一方で、それ以外はまるで

知らないままどんどん視野が狭くなってしまう。

 

・自分からアクセスしなければ、見たくない情報には触れずに済み、逆に自分の知

りたいことや、自分の考えを補強する情報が欲しければいくらでも見つけること

ができる。

 

・自分の関心があることについてはどんどん詳しくなる一方で、それ以外はまるで

知らないままどんどん視野が狭くなってしまい、偏見が助長される恐れがある。

・ネットの論調=社会全体の論調と思い込んでしまう傾向になる。

 

*調べ物はネット検索よりも辞書、辞典サイトや電子辞書が効率的。

 

*ネットサーフィンやSNSは時間を蝕む恐れがあるので注意が必要。

 

*SNSのメリットはインプットよりアウトプットにある。

 

*歩きスマホがやめられないのは「スマホ依存症」で、この症状は容易に「パチン

コ依存」や「アルコール依存」になりやすい。

 

*一日の内何時間かは「ネット断ちをする。