BLOG

《強く願う》

 

「企てる」あるいは「目標を持つ」ことは、成功には絶対の条件です。

 

しかし目標を持つだけで成功できるわけではありません。

 

2番目の条件として「強く願う」ことです。

《流れ星》

 

昔から「流れ星が流れている間に、願い事を唱えるとその願いが叶えられ

る」といわれています。

 

受講生にそのことを聞くと、ほとんどの受講生が知っています。

おそらく日本のいたるところでその言い伝えがあるのでしょう。

 

私はその言い伝えは「迷信」だと思っていました。

 

そこで、星がきれいな夜、実験してみました。

 

しかし実際にやってみると、流れ星が流れている間に自分の願い事をいう

ことは到底不可能でした。

 

先ず流れ星がいつ流れるか予測がつきません。

予測がつかないことを待っていることはつらいものです。

 

そしてある瞬間流れ星が流れても、ほんの一瞬です。

その短い間に自分の願い事を唱えることなど到底できません。

 

ただ「アワワ!」と言うのみです。

 

何べんやってみてもできませんでした。

 

いつ流れるか予測もつかず、たとえ流れてもほんの一瞬の間に自分の願い

事を唱えるなどは不可能でした。

 

やはり迷信だったと思いましたが、帰り道で「ハッ」と気づきました。

 

これは迷信ではない、「いつ現れるか予測もつかず、現れてもほんの一瞬

の間に自分の願いを唱えられるほど強く願っていればその願いは叶う」と

いうことを昔の人は教えているのではないかと。

 

予測もつかない一瞬の間に自分の願い事を唱えるには何べんも何べんも繰

り返し声を出して唱え、あるいは自分の心に刻み込み、潜在意識にまで落

とし込んでいなければできるものではありません。

 

先人はそのことを私達に教えたのです。

 

「流れ星に願いを唱えられるほど強く願っていれば、その願いは叶う」

ということを。

ニュートンがリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を発見したのも、

アルキメデスが風呂に入りお湯が溢れるのを見て、「アルキメデスの原

理」を思いつき、喜びのあまり、裸で街を駆け回ったのも、いつもいつも

そのことを考え潜在意識にまで落とし込んでていたからなのでしょう。