BLOG

《若き経営者の継続法》

 

ある成功した経営者の話です。

彼は若くして起業し、その企業をわずか15年で上場させました。

 

私は当時、成功した経営者の共通項を探すため、いろいろなつてを頼って成

功した経営者にインタビューをしておりました。

 

そこである人の紹介で、その若い経営者とインタビューをしました。

 

無事インタビューが終わり、最寄りの駅まで彼の車で送ってもらうことになりまし

た。

 

暫くは今済んだインタビューについて話していましたが、話が途切れると、彼は胸

ポケットから何やらカードみたいなものを取り出し、それを見ながらブツブツ言い

だしたのです。

 

私はそれが気になり「そのカードは何ですか」と尋ねました。

 

最初、彼は躊躇しておりましたが、私が真剣に聞くのを感じたのか、そのカードを

見せてくれました。

 

車内が薄暗かったので、はっきりは読めませんでしたが、何やら細かい文字が書い

てありました。

 

彼は「そこには自分の今年の目標が書いてあります。そのカードに書いてある

目標を1日に30回唱えることにしております」と言いました。1日30回といえば1

時間に2回の割合で唱えることになります。

 

そこで私が「なぜそんなことをするのですか」と質問すると彼はこう答えました。

「私は意志が弱くてなかなか継続することができません、ですから目標を継続する

ために1日30回唱えるようにしているのです」

 

さらに「1日30回唱えるのは大変でしょう」と尋ねると、彼は「自分の身辺のいた

る所(スーツのポケットはもちろん家の寝室、トイレ、お風呂など)にそれと同じ

カードを置いておき、思い立ったらいつでもそれを見られる状態にしておく」と答

えました。

 

私は「1日30回も唱えていると、もうすっかり暗記しているでしょう何故カードを

見て、声を出して唱えるのですか?」と聞きました。

 

「もちろん暗記はしておりますが、なるべく自分の5感を使おうと思い、目標を

カードで見て、声を出して聞くようにしています」ということでした。

 

私はびっくりしました「彼が意志が弱い?彼が意志が弱いなら、3日坊主の常習犯

である自分はいったい何なんだろう」

 

今日のインタビューで最も重要なことを最後に聞くことができました。