BLOG

今回は「幹部の社長への感情移入」について話します。

一般的に感情移入とは舞台役者や映画、ドラマの俳優が対象の役柄の気持ちになり

きること、又はその舞台や映画、ドラマの観客がその役者や俳優と同じ気持ちに

なることをいいます。

ですから名優は悲しい場面になると役柄に感情移入して本物の涙がでたり、自

然と体温が上昇するそうです。

 

ここでいう「感情移入」も基本的には同じですが、より具体的には前回も話したよ

うに

●”幹部がトップの立場になりトップが何を考えているかをを理解し、その想いを実現しよ

うとすること”

●”幹部がトップは自分になにを期待しているかを理解し、その期待に応えようとするこ

と”をいいます。

このように書くとトップにおもねって、何でもトップの言うがままに行動すると

誤解されるかもしれません。

しかし決してそうではありません。

 

感情移入は感情移入する幹部にこそ大きなメリットがあるのです。

メリット1-視野が広がる

視野には

・「時間的視野」と「空間的視野」の二つがあります

*「時間的視野」とは過去、現在、将来の三つの時間軸のうち何に重点を置いて考

えるかによる違いです。

・「現在のことしか考えられない」ことを視野が狭いと言い

・「過去を参考にして将来のことを考える」ことを視野がひろいといいます。

 

*「空間的視野」とは「自分」「部門」「全社」三つの空間の何に重点を置くかに

よる違いです

・最も視野が狭いのは「自分のことしか考えられない」ことです。

・次が「自分の部門のこと」に考えが及ぶこと

・最も視野が広いのは「全社に」のことを考えることができることです。

「時間的視野」と「空間的視野」とを組み合わせると

・最も視野が狭いのは「現在の自分のことしか考えられないこと」でこれを「自己

中(じこちゅう)ともいいます。

・最も視野が広いのは「将来の全社のことを考えることができること」です。

次回は視野の重要性について話します。