TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

成功した経営者の共通項  目標達成のため努力を継続する

《重要なのは継続》

 

目的を達成するために、最も困難なことは、その目的達成のための努力を継続する

ことです。

 

目標を立てることは楽しいし、前向きな気持ちになれるので比較的容易です。

 

しかし、その目的達成のために地味な努力を継続することは大変難しいのです。

 

ある哲学者が「神が、あなたに何か一つだけ才能を与えるとしたら何を望みます

か?」と尋ねられ、即座に「継続する力」と答えたそうです。

 

《三日坊主》

 

「三日坊主」という言葉があります。

 

三日しか続かないということで、続けることの難しさを示した言葉です。

 

この「三日坊主」は日常でもよく経験します。

 

例えば健康のために明日の朝から「ジョギング」をしようと決意し、一日目、二日

目は決意が固く実行することができても、三日目あたりになるとそろそろ決意がぐ

らつきだします。

 

そして四日目には、[もう今日はいいや]となります。

 

自分に対する言い訳はいくらでもつきます。

 

「今日は天気が悪く雨が降るかもしれない」

「今日は疲れており、体調が悪い」

「あまり走ると体に悪いかもしれない」

後から後から自分に都合のいい理由が出てきます。

 

そしてジエンドとなり「三日坊主」の出来上がりです。

 

同じようなことは「禁煙」「禁酒」「仕事の勉強」「資格取得」枚挙に遑がありま

せん。

 

しかし継続しなければ、目標は達成することはできません。

 

その目標が大きければ大きい程継続する力が必要なのです。

 

《雨だれでも継続すれば岩をも砕く》

 

小さな雨だれでも継続して大きな石を打ち続ければ、いつかその石を砕くことがで

きます。

 

私も時々、継続の力を感じることがあります。

 

「我慢して散歩を続けていると体調がよくなり血圧が下がってきた」

「毎朝少しずつでも興味のあることに関し本を読み続けていると、いつの間にか体

系的な理解ができた」

 

そのような経験は、だれでもあると思います。

継続する力の大きさはみんな感じているのです。

 

しかし「継続する」ことはやはり難しいのです。

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

幹部変革の切り札 BISコンサルティング(38)-社長・上司に関する原因(2)

《社長・上司に関する原因》を抱える受講生には、BIS理論の中の社長・上司への

感情移入について理解させる。

《社長・上司への感情移入》

 

社長・上司に感情移入するとは

「社長・上司の立場になって、社長・上司が何を考えているかを理解し、その実

現のために努力する」

 

「社長・上司が自分に何を期待しているかを理解し、その期待に応えるよう努力す

る」

 

ということである。

 

そしてこの社長・上司に感情移入することは、本人にとって大変意義が大きいこと

を説くのである。

 

《感情移入することのメリット》

 

すなわち、社長・上司に感情移入することにより

①視野が広まり自分自身の成長に結び付く

②自分の仕事の舞台が広まる

③自由感を感じながら仕事ができる

④アドバイスや提案が社長・上司に受け入れられやすくなる

 

ことを理解・納得させるのである。

 

そして社長・上司に感情移入できていない今のままでは、これと正反対の状況とな

り、幹部としてのやりがいを感じられず、自らの存在価値がなくなってしまうとい

う危機感を目覚めさせるのだ。

 

そして社長・上司に感情移入できるようになるためには、どのようにしたらいいか

を詳しく指導するのである。

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

成功した経営者の共通項 5好心(5) 目標の達成を強く願う

《強く願う》

 

「企てる」あるいは「目標を持つ」ことは、成功には絶対の条件です。

 

しかし目標を持つだけで成功できるわけではありません。

 

2番目の条件として「強く願う」ことです。

《流れ星》

 

昔から「流れ星が流れている間に、願い事を唱えるとその願いが叶えられ

る」といわれています。

 

受講生にそのことを聞くと、ほとんどの受講生が知っています。

おそらく日本のいたるところでその言い伝えがあるのでしょう。

 

私はその言い伝えは「迷信」だと思っていました。

 

そこで、星がきれいな夜、実験してみました。

 

しかし実際にやってみると、流れ星が流れている間に自分の願い事をいう

ことは到底不可能でした。

 

先ず流れ星がいつ流れるか予測がつきません。

予測がつかないことを待っていることはつらいものです。

 

そしてある瞬間流れ星が流れても、ほんの一瞬です。

その短い間に自分の願い事を唱えることなど到底できません。

 

ただ「アワワ!」と言うのみです。

 

何べんやってみてもできませんでした。

 

いつ流れるか予測もつかず、たとえ流れてもほんの一瞬の間に自分の願い

事を唱えるなどは不可能でした。

 

やはり迷信だったと思いましたが、帰り道で「ハッ」と気づきました。

 

これは迷信ではない、「いつ現れるか予測もつかず、現れてもほんの一瞬

の間に自分の願いを唱えられるほど強く願っていればその願いは叶う」と

いうことを昔の人は教えているのではないかと。

 

予測もつかない一瞬の間に自分の願い事を唱えるには何べんも何べんも繰

り返し声を出して唱え、あるいは自分の心に刻み込み、潜在意識にまで落

とし込んでいなければできるものではありません。

 

先人はそのことを私達に教えたのです。

 

「流れ星に願いを唱えられるほど強く願っていれば、その願いは叶う」

ということを。

ニュートンがリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を発見したのも、

アルキメデスが風呂に入りお湯が溢れるのを見て、「アルキメデスの原

理」を思いつき、喜びのあまり、裸で街を駆け回ったのも、いつもいつも

そのことを考え潜在意識にまで落とし込んでていたからなのでしょう。