TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

幹部変革の切り札 BISコンサルティング(40) 仕事・人生に関する原因

《仕事・人生に関する原因》

困難なことから逃げる        65名
仕事への考えが甘い        29名
現状維持・現状安住意識が強い        26名
意欲が薄い        23名
楽をしたい        20名
責任でを転嫁する        19名
幹部としての認識が甘い        18名
責任から逃げる        15名
不安感を持っている        10名
その他        13名

 

仕事・人生に関する原因は《困難なことから逃げる》《仕事への考えが甘い》

《現状維持・現状安住意識が強い》《意欲が薄い》《楽をしたい》の5つで69%

を占めている。

 

また真の原因の4つのカテゴリーの中で、この《仕事・人生に関する原因》は

40%を占める。

 

これまでのBISコンサルティング受講者のうち、5人に2人は

『自分の仕事や人生に対しての正しい考え方ができていない』のである。

 

社員たちの見本となり、また社員達を動機づけ、指導・育成していく立場の幹部が

人生や仕事に関する捉え方が間違っているのだ。

なんと恐ろしい話だろう。

 

こんなことでは人材育成の仕組みだけをいくら変えても、うまくいくはずがない。

 

幹部のこの根本的考え方を正すことが先決だ。

 

この仕事・人生に関する原因には、成功した経営者の多くが持っている考え方や行

動をまとめた《BIS理論の5好心(ごこうしん)》を丁寧に説いていき、変化を起

こさせる。

 

5好心とは『好想心』『好職心』『好働心』『好学心』『好譲心』の5つをいう。

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

成功した経営者の共通項  目標達成のための継続

《若き経営者の継続法》

 

ある成功した経営者の話です。

彼は若くして起業し、その企業をわずか15年で上場させました。

 

私は当時、成功した経営者の共通項を探すため、いろいろなつてを頼って成

功した経営者にインタビューをしておりました。

 

そこである人の紹介で、その若い経営者とインタビューをしました。

 

無事インタビューが終わり、最寄りの駅まで彼の車で送ってもらうことになりまし

た。

 

暫くは今済んだインタビューについて話していましたが、話が途切れると、彼は胸

ポケットから何やらカードみたいなものを取り出し、それを見ながらブツブツ言い

だしたのです。

 

私はそれが気になり「そのカードは何ですか」と尋ねました。

 

最初、彼は躊躇しておりましたが、私が真剣に聞くのを感じたのか、そのカードを

見せてくれました。

 

車内が薄暗かったので、はっきりは読めませんでしたが、何やら細かい文字が書い

てありました。

 

彼は「そこには自分の今年の目標が書いてあります。そのカードに書いてある

目標を1日に30回唱えることにしております」と言いました。1日30回といえば1

時間に2回の割合で唱えることになります。

 

そこで私が「なぜそんなことをするのですか」と質問すると彼はこう答えました。

「私は意志が弱くてなかなか継続することができません、ですから目標を継続する

ために1日30回唱えるようにしているのです」

 

さらに「1日30回唱えるのは大変でしょう」と尋ねると、彼は「自分の身辺のいた

る所(スーツのポケットはもちろん家の寝室、トイレ、お風呂など)にそれと同じ

カードを置いておき、思い立ったらいつでもそれを見られる状態にしておく」と答

えました。

 

私は「1日30回も唱えていると、もうすっかり暗記しているでしょう何故カードを

見て、声を出して唱えるのですか?」と聞きました。

 

「もちろん暗記はしておりますが、なるべく自分の5感を使おうと思い、目標を

カードで見て、声を出して聞くようにしています」ということでした。

 

私はびっくりしました「彼が意志が弱い?彼が意志が弱いなら、3日坊主の常習犯

である自分はいったい何なんだろう」

 

今日のインタビューで最も重要なことを最後に聞くことができました。

 

 

 

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

幹部変革の切り札 BISコンサルティング(39) 部下に関する原因

②部下に関する原因

 

 部下を道具とみなす      32名
 部下への関心が薄い      22名
 部下を見下す      16名
 自己中心的      12名
 部下に嫌われるのが怖い      9名
 部下に対し権力的になる      8名
 部下に対し本気で接していない      6名
 部下に対し感謝しない      6名
 その他      8名

 

部下に関する原因は

《部下を道具や機械とみなす》

《部下への関心が薄い》

《部下を見下す》

《自己中心的》

の4つで68%に達する。

 

そしてこれらは

《部下をどのような存在と考えているか》

《部下をどのように見ているか》

に起因する場合が多い。

 

そしてこれらは、

幹部として重要な役割は部下を指導育成することであり、部下をどれだ

け育成できるかによって存在価値が大きく左右される

こと

 

あるいは《BIS理論の中心》である

部下を自分の子供と同じように考え、その成長を願うことが不可欠であ

ること

などを説いていく。

 

そして現状のままでは、自分の存在価値は高まっていかないことを気づか

せ、危機感を持たせるのである。

 

そのことに気づき、自分の部下を早く育成したいと考え始めた時

 

《BIS理論の部下の指導・育成方法》

 

を説明し、意識と行動の変化を起こさせるのである。