BLOG

《部下がいない時と部下がいる時の違い》

今までは幹部の上司である社長との関係を論じてきましたが次は幹

部の重要な任務としての部下育成について話していこうと思います。

 

研修で「あなたが部下のいない一般社員(いわゆる平社員)の時と

部下のできた現在の最も大きな差は何ですか?」という質問をする

と大部分の人は

「責任が重くなる」「やらなければならないことが増える」や「部

下の面倒を見なければならない」などの答えが出てきますがいずれ

も根本的な違いではありません。

 

部下がいない場合と部下ができた場合の根本的な差異は

「自分一人で仕事をするか、他人(部下)を通じて仕事をするか」

つまり部下がいない時は、自分の仕事は自分一人でやればよかった

のです。

ですからその時のできるやつは一芸に秀でた人でした。

「抜群の営業成績をあげるやつ」「パソコンのことなら何でも知っ

ているやつ」

が優秀な社員でした。

《プレーヤーとマネージャーの根本的な違いは》

しかし部下ができると出来るやつの内容が違ってきます。

「部下に抜群の営業成績をあげさせるやつ」「部下のパソコンの技

術を活用し業績をあげさせるやつ」が優秀な管理者なのです。

 

役割が「自分でやる」から「部下を通じてやらせる」に変わってき

たのです。

 

役割が変わると当然必要とされる能力も変わります。

「他人を動かす」能力が必要となってくるのです。

 

このことを理解できていない管理者が非常にたくさんおります。幹部

社員ですら認識できていない人が見受けられます。

 

これは日本の中小企業では大部分の管理者あるいは幹部までもがい

わゆる「プレーイングマネージャー」で自分も直接的な仕事もしな

ければならないことも一つの原因だと思われますが、根本的な原因

はそのようなことを認識させないで昇進させた社長や幹部の責任で

す。

 

そのことをきちんと認識させないで、ただ営業成績が良かったか

ら、技術に秀でているからという理由だけで昇進させるといろいろ

な弊害が出てきます。

 

自分一人で仕事をやっているときは輝いていた社員が、部下を持っ

た途端に輝きを失ってしまうということは枚挙にいとまがありませ

ん。

《プロ野球の事例》

またプロ野球の世界などでも、現役時代は大活躍した選手が、監督

になったとたんボンクラ監督になってしまったケースや逆に現役時

代はあまり目立たなかった選手が監督では成功したというケースが

度々見られます。

 

これらの例も選手時代の能力と監督(管理者)になってからの能力は違うというこ

とを如実に物語っています。