BLOG

《小金井公園》

玉川上水に沿って走る五日市街道と小金井街道の交差点を左折すると都立小金井公

園があります。

(小金井公園入り口付近の案内板)

この公園は

面積約80haの広大な敷地で、日比谷公園の5倍、上野公園の1.5倍に相当します。

なお、東京都にはさらに広い国営昭和記念公園があり、その面積は小金井公園の2

倍近いそうです。

 

東京緑地計画を元に紀元二千六百年記念事業として計画された「小金井大緑地」が

原形で、1954年(昭和29年)1月に「小金井公園」として開園しました。

 

園内には1,800本の桜が植えられた花見の名所としても人気があり、日本さくら名

所100選に選定されています。

 

また正月時期にはいたるところで凧揚げが見られるそうです。

(小金井公園の広大な敷地)

 

 

《江戸東京たてもの園》

 

この小金井公園の中に「江戸東京たてもの園」があります。

この園内で鈴木遺跡から出土したものや、あきる野市の東洋像の臼歯、狭山の尖頭

器、ナイフ型石器、細石器などが展示されているということでしたが常設ではな

く、あいにくその日は展示されておりませんでした。

係のひとに尋ねると平成31年2月から展示されるそうです。

 

残念!

来年また来よう

(江戸東京たてもの園入口)