BLOG

 

《大国主神の数々の試練》

先ずスサノヲノ大神は大国主神を蛇の棲んでる室に泊めました。

 

妻のスセリ姫は、このままでは夫の命が危ないので蛇を払いのける

魔法の頭巾を夫に渡して「蛇が食いつこうとしたら、この頭巾を三度振って追い払

えばきっと大丈夫でしょう。」と教えました。

 

大国主神は教えられたとおりにして、無事に眠ることができ危機を脱しました。

 

 

あくる晩は、ムカデが這い回り、蜂が飛び回る室の中に入れられました。

 

しかし、やはり妻の姫が魔法の頭巾を渡してくれたおかげで、やすやすと室から出

てくることができました。

 

次にスサノヲは矢を一本、はてしない野原の中に射込んで、その矢を拾ってくるよ

う命じ、大国主神が野原に入っていくと、野原の周囲に火をつけました。

 

一面火の海で、どこへ逃げたらよいのか分からず、万事休したところへ、鼠が現

れ、安全な洞穴を教えてくれて火から逃したうえに、矢まで見つけて、運んできて

大国主神を助けてくれました。

 

そこで今度は、スサノヲは大国主神を宮殿の中に連れてきて、自分の頭に巣くった

虱をとることを命じたのです。

 

しかしその頭は虱ではなく、ムカデの巣でした。

 

それを見たスサリビメは大国主にイチジクの実を与え、噛み潰しているように見せ

かけスサノヲを眠らせることに成功しました。

 

そしてこの隙に二人はスサノヲの髪を屋根に結び付けて逃げ出しました。

 

やがてスサノヲは飛び起きましたが、結び付けられた髪は簡単にはほどけません。

 

何とかほどいて追いすがるも、大国主と娘の姿ははるか向こう。ついにスサノヲは

その力を認め。

 

「大国主、葦原中国を治めスセリビメを妻として宇迦の山(うかのやま)の

 

麓に宮を建てて住むのだぞ」と大声で呼びかけたのです。