BLOG

《ヤチホコの浮気とスセリビメの嫉妬》

出雲へ戻った大国主神はスサノヲのもとから持ち帰った宝物

の生太刀(いくたちと)生弓(いくゆみ)を用いて八十神を

追いやると、葦原中国に国を作り始めました。

 

その一方で大国主神はヤチホコという名で、全国各地に多くの恋愛譚

を残しています。

 

ヤチヒコは正妻スセリビメとの結婚前に、稲羽で契りを結んだヤガミ

ヒメを呼び寄せて結婚しました。

 

しかし正妻のスセリビメは嫉妬深い性質だったため、ヤガミヒメはス

セリビメの嫉妬を恐れて子供を置いて故郷に帰ってしまいま

す。

その後、高志国(こしのくに)にいるヌナカハヒメの噂を聞

いたヤチホコは、はるばる訪ねていきます。

二人は歌を交わしあうと、翌朝結ばれました。

 

《夫婦の仲直りと子孫の繁栄》

 

正妻のスセリビメは夫の浮気に我慢できません。

 

ヤチホコもその様子に次第に嫌気がさしてきました。

 

そこで、「私が出ていって、いなくなったら一人寂しく泣くだろうよ」と

歌を詠んで大和へ旅立とうとします。

これを聞いて心細くなったスセリビメは、杯を手に

して「女の私にはあなたしかいないのです」と歌を返しました。

 

するとヤチホコは妻への愛しさを思い出し、二人は酒を酌み交わして抱き

合い仲直りをしました。

 

その後は末永く一緒に暮らしたそうです。

 

この抱擁を思わせる石像が、奈良県明日香村から出

土しました。

男女が抱擁しあい、男の口元にある杯と女の口から水が出る仕掛けです。

 

とはいえヤチホコはその後もさらに3人の妻を迎え、子孫を繁栄させた

と言いますから、その浮気性は治ることがなかったようです。

 

なお奈良時代に神と仏を同一のもとみなす神仏習合が広まった時、オオクニヌシの

「大国」が「だいこく」と読めることから、大きな袋を担いだ「大黒天」と同一視

されるようになりました。