BLOG

スサノヲから数えて6台目の子孫にあたる大国主神には、母を

異にする八十人に及ぶ多くの兄弟がありました。

 

《八上比売(やかみひめ)》

この兄弟たちは皆稲羽(いなば)の八上比売(やかみひめ)を

妻にしたいと思っておりました。

 

そこで連れ立って、出雲の国から稲羽へと出かけていきまし

た。

その時大国主神をまるで従者のように扱い、彼に旅行用の品物

を入れた袋を背負わせました。

 

《稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ)》

一行が気多の岬(けたのみさき)にやって来た時,皮を剥がれた

赤裸の兎が哀れな姿で寝ていました。

 

兄弟の神々は「海の水で浴(ゆあみ)をして風の吹くところで

乾かして、高い山の頂で寝ていればよい」と教えました。

 

兎が言われたとおりにすると塩水が乾いていくにつれ皮膚は風

に吹かれて引き裂かれ、その痛さ、苦しさは死ぬばかりで、ひ

いひい泣いて転がっておりました。

 

一番最後から袋をかついでやってきた大国主神が泣き喚いてい

る兎を見て

 

「どうしてそんなに泣き泣き寝ているのかわけを話してごら

ん」と尋ねました。

 

兎は

「私は隠岐の島に住んでいたのですが、何とかこの土地に渡

って来たいと思い、ワニをだまして島から気多の岬までワニ

を並ばせ渡ろうとしましたが、地面につく直前に企みがバレ

てしまい、体中の毛皮を剥ぎ取られてしまいました。

 

それで泣き悲しんでいたところ、あなたのお兄さんたちに、海

の水を浴びて寝ていれば治ると教わり、その通りにしてみたの

ですが、かえって体中が傷だらけになってしまったのです。」

と答えました。

 

大国主神は

「河の水が海に流れ込む水門(みなと)のところに行き、真水

で身体を洗い清め、水門に生えている蒲の花の花粉の上に横た

わっていなさい、そうすれば傷だらけになった皮膚ももとのよ

うに奇麗に治るはずだから。」と教えました。

 

兎が教えられた通りにすると元通りの奇麗な身体になりまし

た。

 

悦んだ兎は

「あなたのご兄弟の神々は決してヤカミ姫を妻とすることはで

きないでしょう。

姫をお貰いになるのは必ずあなた様でございます」と予言しま

した。