BLOG

《スクナビコナとの国作り》

 

大国主が国作りにはげんでいるとガガイモの小舟に乗り、蛾の衣を着

た、小人神が出雲の三保の岬に漂着しました。

 

しかしこの神は大国主が名前を尋ねても答えません。

困り果てた大国主は、物知りの案山子・クエビコに尋ねます。

 

するとクエビコはそれは、カムムスヒの子、スクナビコナに違いない、と答えまし

た 。

 

そこで大国主がカムムスヒを訪ねると、確かにカムムスヒが指の間から落としてし

まった我が子と判明しました。

 

この時、カムムスヒは大国主とスクナビコナに力を合わせて国を作るように命じま

す。

 

こうして、二柱の神は兄弟となってともに国を作り堅めました。

 

大国主とスクナビコナの国作りは順調に進みましたが、突然スクナビコナは海の彼

方にある常世国に去ってしまいます。

 

国作りはまだ終わっていません。

 

大国主はこれからどの神と一緒に国を作ろうか、と途方にくれてしまいました。

《オオモノヌシの協力と国の完成》

 

第2の協力者はすぐに現れました。

 

一柱の神が海を輝かせて大国主のもとへとやって来たのです。

 

その神が言うには、私を大和の東の山の頂に祀れば、一緒に国作りをしよう。

そうでなければ国作りは完成しないだろう、とのこと。

 

大国主は早速神を大和の御諸山(現三輪山)にお祀りしました。

 

この神は今も三輪山に祀られる神オオモノヌシと考えられます。

 

オオモノヌシは三輪山に宿るとされ、山麓にある大神神社は、神殿を持たず、拝殿

の奥に見える三輪山をご神体としています。

 

こうして、大国主はオオモノヌシと力を合わせて、ようやく葦原中国の国作りを終

えたのでした。

 

*スクナビコナ~大国主の国作りを助けた小人神で穀物霊、山岳の創造神などとさ

れています。その容姿はのちの一寸法師や桃太郎などの先駆けといわれます。