BLOG

JR上中里駅で下車するとすぐ目の前に小高い丘が見えます。

《平塚神社》

坂を登ると右側に平塚神社があります。

平塚神社は以前平塚城があったところと言われております。

平塚城は平安時代に豊嶋近義が築城したと伝えられております。

 

後三年の役の帰路源義家ら三兄弟がこの館に立ち寄り、手厚いもてなしを受けたこ

とに感激した義家は鎧と十一面観音像を下賜しました。

その後この鎧を城の守り本尊として埋め、塚を築いたため「鎧塚」と呼ばれまし

た。

その塚が平たかったところから平塚の地名が生まれとされています。

 

平塚神社は豊嶋氏が義家ら三人の徳を慕い三人の宿泊の地に社を営んだことが起源

とされており、このことから社は昔「平塚三所大明神と」呼ばれておりました。

 

《平塚城》

その後室町時代中期ごろに豊嶋氏は(以前書きました)石神井城を築いて本拠とし

、練馬城、平塚城はその支城となりました。

 

平塚城の城主は豊嶋奏経の弟の泰明が通説とされております。

1476年(文明8年)泰経・泰明兄弟は長尾景春に呼応して関東管領上杉氏に反旗を

翻し石神井城、練馬城で挙兵しました(長尾景春の乱)。

 

翌年江戸城主太田道灌は豊嶋氏が立て籠もる練馬城に矢を撃ち込み。近隣に放火し

引き上げました。

怒った泰明は兄奏経と連絡を取り、道灌の後を追い、江古田原で合戦となりまし

た。

 

この合戦で泰明が討ち死にするなど、豊嶋方の大惨敗に終わりました。

 

その後奏経は石神井城に逃れ、再度の道灌との戦いにも敗れ、城を捨て逃亡しまし

た。

 

更に翌年奏経は、ここ平塚城で再挙するも道灌が攻撃に向かったことを知り戦わ

ずして逃亡し、以後行方が分からなくなりここに名門豊嶋家は滅亡しました。

 

平塚神社は車の音もあまり聞こえず静かな境内です。

鎧塚を探しましたが神社の裏側にあるということで見ることはできませんでした。