BLOG

「別天つ神」の後「地」においても次々と神々が現れました。

まず二柱の独り神が生まれ、すぐ姿を隠しました。

 

その後やっと、男女の性を持った5組、10柱の神が誕生しました。

初めは泥のようなものでしたが、次第に人間の形になっていきました。

これらの神々を「神世七代」といいます。

《イザナギノミコトとイザナミノミコト》

この7代の最後に生まれたのが「イザナキ」と「イザナミ」で、互いに「誘いあっ

た」神の意味です。

 

高天原の三柱の別天つ神はイザナギノミコトとイザナミノミコトに「油のように漂

っている国を人が住めるように作り上げよ」と命じ「天沼矛(あめのぬぼこ)」と

いう美しい矛を授けました。

 

二柱の神は、天と地の間に懸けられた「天浮橋(あめのうきはし)」の上に立ち授

かった「天の沼矛」を海へ突き下ろし、「コオロコオロ」とかき混ぜました。

海の中からその矛を引き上げると、矛の先を伝わって潮がしたたり落ちました。

そのしたたり落ちた潮が次第に積もり固まって初めての国土「オノゴロ島」が出来

ました。

 

早速二神はオノゴロ島に降り立ち、地形を見届けて、太い柱(天の御柱)と八尋も

ある広い御殿(八尋殿)を建てました。

 

そこでイザナギノミコトはイザナミノミコトに「お前の身体はどのようにできてい

るのか?」と尋ねました。

イザナミノミコトは「私の身体はよくできていますが、ただ一とこ

ろだけ充分でないところがございます」と答えました。

それを聞いたイザナギノミコトは「私の身体もよくできているが、

ただ一 ところだけ余分と思われるところがある。そこでどうだろ

う、私の身体の余分と思われるところを、お前の身体の欠けている

ところところにさし入れて、国を生もうと思うのだが」

「それはよろしゅうございます」イザナミノミコトも同意しました。

 

そして二人の国生みがスタートしました。