TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

ニニギの結婚と与えられた寿命

《二人の娘のうち醜い姉を送り返す》

ある日笠沙の岬(現鹿児島県野間岬)に出かけたニニギは、美しいコノハナサクヤ

ビメに出会い、一目で妻にしようと決めました。

 

そしてヒメの父オホヤマツミに結婚を申し込みに行きました。

 

とても喜んだオホヤマツミは祝いの品を用意して姉のイハナガヒメも一

緒に嫁がせました。

 

結婚による家同士の結びつきを大切にした当時、姉妹が一人の男性に嫁ぐ

姉妹婚はよく行われました。

 

ところがイハナガヒメはとても醜く、ニニギは一目見るなり親元へ送り返してしま

いました。

 

 

そしてその夜コノハナサクヤビメとだけ結ばれました。

 

オホヤマツミはとても恥ずかしく思うと、こう言いました。

 

神の御子の命は、花の命のように短くなりましょう

 

妹のコノハナサクヤビメは花の神、姉のイハナガヒメは石の神です。

 

オホヤマツミは、二人の娘を送ることで、御子の命が石のように永遠に続き、

花のように栄えるという祈りを込めていたのです。

 

そのため姉を送り返し、永遠の命を捨ててしまった神の御子には、それから代々に

わたって寿命が与えられたのです。

 

《コノハナサクヤビメの出産》

 

結婚してしばらくのち、コノハナサクヤビメはニニギを訪ねて、自分が身籠り、出

産が間近であることを伝えました。

 

ところがニニギは、一夜限りの交わりで身籠るはずがない、別の神の子に違いな

い、と疑ったのです。

 

この言葉を聞いたコノハナサクヤビメは「あなたの子であれば、無事に生まれるで

しょう」と言い残して立ち去りました。

 

そしていよいよ出産のとき。

 

コノハナサクヤビメは入口の無い産屋に籠ると、壁を土で塗り固め、そこへ自ら火

を放ったのです。

 

そして、燃えさかる炎の中、無事出産を終えました。

 

ニニギの子であることを証明したのです。

 

こうして生まれたのが、ホデリ、ホスセリ、ホヲリの三柱の神です。

 

 

 

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

サルタビコ古郷伊勢に帰る

《伊勢に戻ったサルタビコ》

無事地上に降り立ち大きな宮殿を建て終えたニニギは、「この道案内の役

を務めたサルタビコは、お前がその何者なのかを明らかにして連れてきた

神であるから、お前がその本国の伊勢の国へ送り届けてやらなければいけ

ない。

またその神の名はお前の家に伝えて、お前が代わって伝え祀ることにしな

さい。」と言い、サルタビコを故郷まで送り届けることとサルタビコの名

前を受け継いで仕えるようにと命じました。

 

このためアメノウズメの子孫は「猿女の君(さるめのきみ)」と呼ばれる

ようになりました。

 

サルタビコが伊勢国阿邪珂(あさか)にいた時、たまたま魚を捕っていて、比良夫

貝(ひらふがい)に手を挟まれて海に溺れました。

 

彼が溺れて水の底に沈んだ時の名を底に届く意味の「底度久御魂(そこどくみた

ま)」といいます。

 

《小刀で割かれた海鼠の口》

 

一方アメノウズメは、サルタビコを伊勢の国に送って着くと、海にすむ魚という魚

を、ヒレの広いのもヒレの狭いのも全部集めて、こう尋ねました。

 

「お前たちは、天神の御子にお仕えしますか?」

 

その時、魚どもはいっせいに答えました。

「みなみな、お仕えしましょう」

 

ところが海鼠(なまこ)だけは返事をしませんでした。

 

そこでアメノウズメは

「この口は、答えのできない口なんですか?」

 

こう言って、紐のついた小刀でその口を割いてしまいました。

そのため今でも海鼠の割けているのです。

 

このように、アメノウズメが魚たちに誓わせたので、代々、後の志摩である島の国

(今の伊勢半島の先端)から、海でとれた初物を朝廷に献上する時に、その初物

を、子孫の猿目の君などに下されるのです。

TEMPLATE-PARTS/CONTENT.PHP

天孫ニニギの降臨

《道案内をかってでたサルタビコ》

 

高天原の神による地上世界の支配が確定すると、今度は統治者を地上に派遣するこ

とになりました。

 

そこで任命されたのが、アマテラスの子のアメノオシホミミの子、つまりアマテラ

スの孫のニニギです。

 

 

ニニギが神々を率い地上に降りようと、「天のヤチマタ」という別れ道にさしか

かった時、一行の前に上のほうは高天原を照らし、下のほうは葦原中国を照らして

いる神が、立ちはだかりました。

 

アマテラスに「一人でその者を訪ね、我が御子の天下るべき道を、何者がこのよう

に塞いでいるのかを尋ねてみよ」と命じられたアメノウズメが、その名を問うと

 

「私は国神で、名前はサルタビコと申します。ここに出ているのは他意はございま

せん。

天津神の御子が、これより下界にお降りになると聞きましたので、道案内を務めよ

うと思いまして、お迎えに参じたところでございます。」と言い、道案内をしよ

うと申し出ました。

 

《天孫ニニギの地上への降臨》

 

こうして、ニニギ一行は、やっと高天原を発つことになりました。

 

ニニギが伴ったのは「アメノコヤネ」「フトダマ」「アメノウズメ」「イシコリド

メ」「タマノオヤ」の5柱の神です。

彼らは天岩戸からアマテラスを誘い出す時に活躍した神々です。

 

さらにアマテラスを誘い出した「八尺(やさか)の勾玉」「鏡」「草薙の剣」《三

種の神器》を授け、さらに天岩戸の時に功績があった「オモヒカネ」「タヂカラ

ヲ」「アマノイハトワケ」の三柱の神を御孫に添えられました。

 

この時、アマテラスは鏡を自分の御霊として祀るよう命じています。

 

こうして準備が整えられ、ニニギは筑紫の日向の高千穂の峰に降り立ちました。

 

アマテラスの孫のニニギが地上に降り立ったため「天孫降臨(てんそんこうり

ん)」といわれています。