BLOG

ほうほうの体で危急をを逃れて黄泉国から戻ったイザナキは

「思えば私はなんと醜い国にわざわざ出かけて行ったものだろう。私の身体はすっ

かり穢(けが)れてしまった。

この穢れた体の禊(みそぎ)をしなければならない」

こう言って現在の宮城県の日向(ひむか)の阿波岐原(あわぎはら)で穢れた身体

を清めるための禊(みそぎ)祓い(はらい)の儀式を行いました。

 

・脱ぎ捨てた衣類や装飾品からは十二柱の神が現れました。

・水につかり身体をすすぐと汚れた垢から二柱の神が生まれ、さらに穢れを流す三

柱の神が生まれました。

次に水の底に沈んでから浮き上がるまでにワタツミ三神とツツノヲ三神が、水底・

水中・水面でそれぞれ一柱ずつ合わせて六柱現れました。

 

・ワタツミ三神のソコツワタツミ、ナカツワタツミ、ウハツワタツミは博多湾を本

拠地とした安曇連(あずみむらじ)の始祖神とされています。

・ツツノヲ三神のソコツツノヲ、ナカツツノヲ、ウハツツノヲは住吉三神といわれ

航海の神として、難波の住吉大社に祀られています。

 

 

そして禊の最後にイザナキが

・左の眼を洗ったときにアマテラスが生まれ

・右の眼を洗ったときにはツクヨミが生まれ

・鼻を洗ったときにスサノヲが生まれました。

イザナキは心から歓喜の声を上げて「私は子供を次々と生んできたが、最後に三人

の世にも尊い子供たちを得たのはなんと嬉しいことだろう」と言って

 

・アマテラスには玉飾りを手渡しながら「お前は私に代わり高天原を治めよ」と命

じました。

・ツクヨミには「お前は私に代わって夜之貧国(よるのおすくに)を治めよ」と命

・スサノヲには「お前は私に代わって海原を治めよ」と命じました。

 

こうして、昼の国と、夜の国と、海原が三人の御子たちの手に委ねられました。