BLOG

《宇宙の初め》

今回は天地の始まりとともに現れた神々について述べます。

 

《別天つ神(ことあまつかみ)》

天(あめ)も地(つち)も混沌ととしていた時に高天原(たかまのはら)と

呼ばれる天の高いところに、三柱の神が次々と現れました。

・天御中立神(あめのみなかぬしのかみ)~古事記に最初に現れる神で高天原の

中心を表す神。

・高御産巣日神(たかみむすひのかみ)~2番目に登場する神。葦原中国(あしは

らのなかつくに=地上世界)の平定に活躍する神。

・神産巣日神(かむむすひのかみ)~3番目に登場する神。

これらの神は配偶者を持たぬ単独の神で姿を見せることはなかった。

その頃の地上はまだ土とは言えないほどやわらかく、くらげのように水の上を漂っ

ている状態でした。

そしてその漂いの状態から二柱の神が現れましたがこれらの神も配偶者のいない単

独の神で、姿を見せることなくいつの間にか消えてしまった。

・宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)~別天つ神のうち4番

目に登場する神で、最初の生命の誕生を表す。

・天之常立神(あめのとこたちのかみ)~5番目に登場する神。

 

このように天地の始まりとと共に現れては消えた五柱の神々を、天の神の中でも特

別な存在として「別天つ神」と呼びます。

 

なお「柱」とは神々を数えるときに用いられる単位をいいます。