BLOG

《天安河》

この大事件を協議するために、八百万(やおよろず)の神々は天安河(あまのやす

のかわ)に集まり会議を開きました。

 

知恵者の思金神(おもひかねのかみ)は神々に命じて八咫鏡(やたのかがみ)と八

尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)をつけた榊の木の御幣(ごへい)を作らせ、神々

を天岩屋の前に集めました。

 

《天岩屋》

フトダマが神具を取り付けた榊を、神にささげる御幣として、うやうやしく両手に

捧げ持ち、アメノコヤネは日の神が再び天岩屋からお出ましになるよう祝詞(のり

と)を奏上し、力持ちの天手力男神(あめのたぢからをのかみ)は天岩屋の脇にこ

っそりと忍び隠れました。

 

準備がととのったところで、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が天岩屋の前に

台を設け、そこに登って足拍子おもしろく、音の轟くばかりに踊りました。

その踊りの様は神が乗り移ったかと思われるほどで、踊り狂ううちに胸も露にな

り、腰に結んだ裳緒(もひも)を下腹のあたりまで押し下げる勢いでした。

この神懸かりの踊りの面白さに、高天原が揺れ動くほど集まった八百万の神々が声

を合わせて大笑いしました。

 

《アマテラス》

天岩屋の奥深く籠っていたアマテラスがこの騒ぎを聞き、不審に思

って、厳重に閉め切った天岩戸を細目に開き、

 

「私が隠れてしまい、暗くひっそりしていると思ったら一体どういうことなのか、

なぜアメノウズメは踊りまわているのか、神々たちは声をあげて笑う

のか」と尋ねました。

 

アメノウズメは

「あなたより尊い神様がここにおいでになりますので、私どもは悦んで、笑ったり

踊ったりしているのでございます。」と答えました。

 

そうこうするうちにフトダマが御幣の付いた鏡を差し出し、アマテラス見せまし

た。

 

そこにはアマテラスの姿が映し出され、尊い神様のお姿が明るく照り輝いて映って

おり、アマテラスはいよいよ不思議なことだと思い、少し戸の中から出て様子を見

ようとしました。

 

《タジカラヲ》

この時をみはからい、今まで隠れていた、タジカラヲは日の神の手を取って、天岩

屋の前に引き出し、フトタマが戻れないようにしめ縄を張りめぐらし「これより内

側には二度とお戻りにならないで下さい。」と言いました。

 

こうしてアマテラスが再び姿を現したので、天上の高天原も地上の葦原中国も前の

ように明るく照り輝くことになりました。