BLOG

《新居を建てる》

スサノヲは八俣の大蛇を退治してクシナダ姫を得たが、姫との婚儀を行うための

新しい宮殿を建てるための土地を、出雲の国に探し求めました。

 

訪ね歩いて、ある土地に至った時に、「この土地に来て、私の心はすがすがし

い。」と感慨を漏らし、ここに宮殿を作って住みました。

 

 

それゆえ、この土地を今でも「須賀」と言います。(今の島根県大原郡)

 

 

このスサノヲが、初めて須賀の宮を作ろうとしたときに、そこに白い雲が幾重にも

立ち上るさまが眺められました。

 

《八雲立つ》

そこで立ち上る雲を見て詩を詠みました。

 

その詩は

「八雲立つ 八雲八重垣

妻ごみに 八重垣作る  その八重垣を」

(八重に雲は立ち上る。その名も出雲の国に、雲は立ち、八重の玉垣をなして私の

宮殿を取り囲む。

 

私は今妻を得て、この宮殿を建てるのだが、私と妻を閉じ込めるように、雲は立

ち、八重の玉垣を作る。

 

ああ雲は八重の玉垣をつくっている。)

 

そしてたくさんの子供をもうけました。

 

この後スサノヲはかねての望み通り、ははの国を訪ね根堅洲国(ね

のかたすくに)へと赴きました。