BLOG

大蛇の襲来する時刻が刻々と迫り、スサノヲは少女の姿を爪櫛(つまぐし)の形に

変え、それを自分の角髪(みずら)に挿しました。

 

そして老夫婦に命令しました。

 

《八俣大蛇退治》

「八つの門を持った生け垣を作り、その門ごとに八つの桟敷を構え、その桟敷ごと

に八つの酒槽(さかぶね)を置き、その酒槽ごとに、何度も絞りに絞った強い酒を

満々と満たすように」

 

こうして怪物の現れるのを待っていると、八俣大蛇が真っ赤な酸漿のような眼を光

らせ、苔蒸した胴体をくねらせ、凄まじい勢いで垣根の向こうに現れました。

 

そして門ごとに」、芳醇な酒の香をただよわせている酒槽を見ると、八つの頭を八

つの酒槽にひたして、中の酒を飲みほしました。

 

しかしこの酒は、絞り絞り、醸しに醸した強い酒だったので、さすがの大蛇もすっ

かり酔いがまわり、頭の一つ一つが次々と地面に横になり、ついには八つの頭がす

べて倒れて寝込んでしまいました。

 

 

《草那芸(くさなぎ)の剣)

この時機を待っていたスサノヲは腰に帯びた剣を引き抜き、八つの頭を次から次と

切り放しました。

 

大蛇の身体から流れ出す血潮のために、肥河は河の水が血と変わりました。

 

スサノヲはさらに大蛇の胴体を切り刻みました。

するとその中ほどの尾を切り放った時に、剣の刃がこぼれました。

 

剣の切っ先でこの尾を切り裂いてみると、鋭利な太刀が現れました。

 

 

スサノヲはこの太刀を手に取って、「これは不思議なものだ、私すべきものではな

いだろう」と考え、この太刀を手に入れた次第を、姉君のアマテラスに申し上げて

この剣を献上しました。

 

これがのちに草那芸(くさなぎ)と名づけられた太刀です。