BLOG

《二人の娘のうち醜い姉を送り返す》

ある日笠沙の岬(現鹿児島県野間岬)に出かけたニニギは、美しいコノハナサクヤ

ビメに出会い、一目で妻にしようと決めました。

 

そしてヒメの父オホヤマツミに結婚を申し込みに行きました。

 

とても喜んだオホヤマツミは祝いの品を用意して姉のイハナガヒメも一

緒に嫁がせました。

 

結婚による家同士の結びつきを大切にした当時、姉妹が一人の男性に嫁ぐ

姉妹婚はよく行われました。

 

ところがイハナガヒメはとても醜く、ニニギは一目見るなり親元へ送り返してしま

いました。

 

 

そしてその夜コノハナサクヤビメとだけ結ばれました。

 

オホヤマツミはとても恥ずかしく思うと、こう言いました。

 

神の御子の命は、花の命のように短くなりましょう

 

妹のコノハナサクヤビメは花の神、姉のイハナガヒメは石の神です。

 

オホヤマツミは、二人の娘を送ることで、御子の命が石のように永遠に続き、

花のように栄えるという祈りを込めていたのです。

 

そのため姉を送り返し、永遠の命を捨ててしまった神の御子には、それから代々に

わたって寿命が与えられたのです。

 

《コノハナサクヤビメの出産》

 

結婚してしばらくのち、コノハナサクヤビメはニニギを訪ねて、自分が身籠り、出

産が間近であることを伝えました。

 

ところがニニギは、一夜限りの交わりで身籠るはずがない、別の神の子に違いな

い、と疑ったのです。

 

この言葉を聞いたコノハナサクヤビメは「あなたの子であれば、無事に生まれるで

しょう」と言い残して立ち去りました。

 

そしていよいよ出産のとき。

 

コノハナサクヤビメは入口の無い産屋に籠ると、壁を土で塗り固め、そこへ自ら火

を放ったのです。

 

そして、燃えさかる炎の中、無事出産を終えました。

 

ニニギの子であることを証明したのです。

 

こうして生まれたのが、ホデリ、ホスセリ、ホヲリの三柱の神です。