BLOG

《スサノヲの処罰》

 

アマテラスが天石屋戸に隠れた事件も、無事解決し、元の明るい世界に戻りまし

た。

 

しかし、この事件の原因となった、スサノヲを処罰する件が残っております。

 

そのため八百万(やおよろず)の神々が会議を開きました。

 

そしてスサノヲが犯した、重い罪を清めるために、千の座(くら)の上に罪を贖う

品物を載せて、差し出すように命じました。

 

それでもなお罪を清めるには充分でなかったので、スサノヲの髭を切り、手足の爪

を抜いてしまい、さらに高天原から追い払うこととなりました。

 

そこでスサノヲは食べものをつかさどる女神である大気津比売神(オホゲツヒメノ

カミ)に食べものを所望しました。

 

《五穀の誕生》

オホゲツ姫はその鼻、その口、その尻からいろいろな食べものを取り出し、これら

の材料からごちそうを作り、スサノヲに差し出しました。

 

しかし怪しんだスサノヲは、姫の様子をこっそり立ち見し、姫はわざと穢いものを

自分に食べさせるつもりなのかと考え、乱暴な心が起こり、オホゲツ姫を殺してし

まいました。

 

この殺された姫の身体から、いろいろなものが生まれました。

 

その頭には蚕(かいこ)が生まれ、二つの目には稲種(いなだね)が生まれ、二つ

の耳には粟(あわ)が生まれ、鼻には小豆が生まれ、陰処(ほと)には麦が生ま

れ、尻には大豆が生まれました。

 

そこで穀物の祖先の神である神産巣日御祖命(カミムスビミオヤノミコト)がこれ

ら五種の穀物を取り集めさせて、種としました。