BLOG

《伊勢に戻ったサルタビコ》

無事地上に降り立ち大きな宮殿を建て終えたニニギは、「この道案内の役

を務めたサルタビコは、お前がその何者なのかを明らかにして連れてきた

神であるから、お前がその本国の伊勢の国へ送り届けてやらなければいけ

ない。

またその神の名はお前の家に伝えて、お前が代わって伝え祀ることにしな

さい。」と言い、サルタビコを故郷まで送り届けることとサルタビコの名

前を受け継いで仕えるようにと命じました。

 

このためアメノウズメの子孫は「猿女の君(さるめのきみ)」と呼ばれる

ようになりました。

 

サルタビコが伊勢国阿邪珂(あさか)にいた時、たまたま魚を捕っていて、比良夫

貝(ひらふがい)に手を挟まれて海に溺れました。

 

彼が溺れて水の底に沈んだ時の名を底に届く意味の「底度久御魂(そこどくみた

ま)」といいます。

 

《小刀で割かれた海鼠の口》

 

一方アメノウズメは、サルタビコを伊勢の国に送って着くと、海にすむ魚という魚

を、ヒレの広いのもヒレの狭いのも全部集めて、こう尋ねました。

 

「お前たちは、天神の御子にお仕えしますか?」

 

その時、魚どもはいっせいに答えました。

「みなみな、お仕えしましょう」

 

ところが海鼠(なまこ)だけは返事をしませんでした。

 

そこでアメノウズメは

「この口は、答えのできない口なんですか?」

 

こう言って、紐のついた小刀でその口を割いてしまいました。

そのため今でも海鼠の割けているのです。

 

このように、アメノウズメが魚たちに誓わせたので、代々、後の志摩である島の国

(今の伊勢半島の先端)から、海でとれた初物を朝廷に献上する時に、その初物

を、子孫の猿目の君などに下されるのです。