BLOG

社員から人望を得,信頼されるための「カリスマ性」とは?

*「カリスマ性」は天性のものだけではなく後からも身につけることができるものもたくさんあります。
・中小企業の社長が「カリスマ性」を獲得し”社員からの人望や信望”を得るための持つべき心構えやとるべき言動はどのようなものでしょう?

 

①大義名分のある目的をつくる。

・自分たちの会社は何を目的に存在しているのか、自分たちは何のために、誰に貢献するために働くのかを明確に規定し、それを社員に浸透させる。

 

・具体的には「経営理念」を明文化し、それをわかりやすい

言葉に置き換えたり事例をあげて説明し、その経営理念に

従って経営を行うことです。

 

②ご利益を示す

・人間は理念や理想だけでは生きていけませんし、それだけではやる気も薄れてしまいます。

精神的充足とともに物質的充足も必要です。

・具体的なご利益を示し「この人についていけばこんないい

ことがあるぞ」と思わせることが大切です。

・そのために「5年後10年後のビジョン」を示し将来の理想

の状態を 示します。

・「我々は10年後にはあの山に登るんだ、その山の頂きはこんな景色だ」ということを明確にするのです。

 

③二面性を持つ

・経営者はたくさんの役割をもっています。

ですから単純な思考、行動ではつとまりません。

・たとえば「男性的な側面」~力強さ、恐ろしさ、決断力 迫力など

・「女性的側面」~やさしさ 面倒見のよさ 感情のゆたか

さ 細心さなど

・二面性や複雑性を出すことは「カリスマ化」の重要な要素です。

④逃げない

・経営者が困難や外部との争いごとから逃げたら権威は「地に落ち」ます。

逃げずに困難に立ち向かうところを社員に見せなければなりません。

そういうことが社員の人望を集め、信頼を増します。

 

⑤ケンカには必ず勝つ

・外部とのけんか、内部の反対派とのケンカには最後には必

ず勝たなければなりません。

・逆に言えば勝つまで頑張ることです。

・また「負けるケンカ」はしないことです。

 

⑥安心力を持つ

・安心力」とは

「社員を自分の子供と同じように考えることができる力」の

 ことです。

・親は子供のためならば「自分を犠牲」にします。

つまり「安心力」とは部下のために自分を犠牲にすることができる力のことをいいます。

 

⑦教育者としての考え方

 

・社長は単なる組織の長としての役割のみではなく「聖職

 者」としての役割があります。

・社員に「人としての正しい道」を教え、「組織人としての

 正しい心構えや言動」「働くことの意味」などを教え、導

 かなければなりません。

 

⑧同一化の対象となる

 

・社長は社員、特に幹部に「感情移入」してもらわなければ

 なりません。

・社長自身の考えや社員に対する期待事項を知ってもらう必

 要があります。

・そうすることによって「感情の共有」ができます。